PRO SHOP

頻繁に染めたいからこそ

HQヘナ後インディゴ

2015.11.06

【頻繁に染めたいからこそ】

ヘアカラーを18歳から始めて35歳で白髪染めに変更
さて、仮に70歳まで染め続けると52年間染めることになります。

ヘアカラーの薬害についてTV、NHKや民放でも
ここ2週間で数回放映されているようです。

発がん性や環境ホルモン物質、
アレルギー問題などなど・・・

私は随分前から「ヘアカラーは喫煙と同じ」と
考えています。

喫煙についても

「ウチの爺さんは愛煙家だったけど90歳まで生きた」
などという話を聞いたことがあるが

それに対して強い人、弱い人があるということ

これはヘアカラーについても全く同じと考えています。

化学物質を脳に一番近い頭皮にベッタリ付けても良い
とは到底思えないのです。

イチゴカラー講習会ではそのことを考慮し
「ZEROタッチ」という頭皮に付けない
塗布技法をお伝えしています。

これは出来るだけの努力ですが
お客様に喜ばれています。

ホームカラーでは出来ないプロの仕事です。

今回のモデルさんは2週間毎のヘアカラー
(ホームカラー、サロンカラー併用)

毛髪ダメージもさることながら頭皮、身体の影響を考えて
LOHASなスローカラーをお勧めしました。


先ずはHQヘナ100g+ココナッツオイル10g+温湯250g
をミキサーで10分攪拌しましす。

黄色矢印が10分後です。
これでよく染まるし、感触が向上します。


Before

モデルさんにご協力頂き、分け目とサイドは
2週間毎に染められていますが
内部は2.5cmほど伸していただきました。


根元ハケ塗り、それから手塗りしています。


ヘナはタップリ塗布しないと薄染まり、ガサガサ感が増します。
100gで2500円もするヘナが流通しているようですが
高いヘナに意味はありません。

手摘み、無農薬、契約農場、空輸
葉脈を取り除いているなど

インドを知らない日本人向けの説明に
騙されないよう注意して下さい。

一ヶ月5000円で生活しているインドのヘナ
が100g2500円もするはずがありません。

昨年買ってきたインドで買ってきたヘナは
500gで350円程度でした。
(染料が入っているタイプ)

 


ホットタオルでくるみ


その上からビニールキャップをします。
二度染めの場合
1回目のヘナは40~60分程度
今回は45分
時間が長いほど濃く染まります。

 


HQヘナ45分終了


紫紺(HQヘナ1:4インディゴ)

 


根元のオレンジに染まっている部分へ塗布します。

 


After


Before


根元のオレンジの部分へ紫根を塗布します。


根元はハケ塗りです。

 


Before

 


After

少々、緑がかっていますが

3~4日後、空気酸化より
濃い茶色へと変化します。

毎日染められる安心安全な
LOHASなスローカラーなのです。