PRO SHOP

天然100%で白髪を染めるという選択肢

HQヘナ後インディゴ

2015.09.09

【天然100%で白髪を染めるという選択肢】

兵庫県姫路のサロンにて開催された
ヘナ&ハーブカラー集中トレーニングレポートです。

午後からのもモデルさんの頭皮の状態を確認したら
頭皮が赤く、ネープから首筋に掛けて
赤い発疹がありました。

染める時期を過ぎていらっしゃいますが
頭皮のことが気がかりです。

従来のアルカリカラーは今後、避けられた方が良さそうです。

今回はHQヘナのち紫紺(HQヘナ1:4インディゴ)を
体験して頂きました。

 


Before


HQヘナ45分放置→プレーンリンス


紫紺30分放置   After

 


Before


After

根元の仕上がりは少々緑がかっていますが
空気酸化により3~4日後は濃い茶色へと変化します。

このことは事前にお伝えしています。
言葉だけでは伝わりません。

Before&Afterの写真をご覧頂いています。

それからHQヘナの直後に白髪率が高い部分は
強いオレンジになり、初めての方は、それだけで
不安になりますので、このことも合わせて
写真やブログの画像で解説願います。

インフォームドコンセントを
大切にして下さい。


Before           HQヘナペースト

HQヘナ100gに対しココナッツオイル10g

温湯(60℃)260g

電動ミキサーを使用し、10分間攪拌しています。

 


根元から塗布し、中間毛先は手塗りしました。


HQヘナ40分後           紫紺


紫紺はHQヘナ1:4インディゴのミックスハーブです。

 


根元の新生部分がHQヘナでオレンジになっていますので
その部分へ紫根を塗布します。

既染部へ重ねると暗くなってしまいます。

 


Before


After

とても綺麗に仕上がりましたね・・・3日後が楽しみです。
ご本人様も大変喜んでお帰りになりました。

今日も最後までご覧頂きましてありがとうございます。