PRO SHOP

インド・ヘナの旅その①

ヘナ事情

2017.11.03

インド・ヘナの旅その①

インド・ヘナの旅その①】

 

2017インド・ヘナの旅は10月30日(月)出発し

11月3日(月)文化の日、朝7時過ぎ、無事全員帰国しています。

 

今回の旅を数回に分けてレポートしたいと思います。

 

珍しくこの10月に2連続で発生した月末の台風22号の影響で

出発を心配していましたが、出発当日の30日は

o4032302414062523798

台風一過でこんなにもいい天気・・・幸先良いスタートになりました。

o4032302414062524001 o4032302414062524345

インド・デリーまでは最新鋭の翼B-787DreamLinerで9時間の長旅です。

とは言っても昔は船旅で一ヶ月なんて時代もあったのですから

便利な世の中に感謝します。

 

インドの旅の日程調整は四ケ月前から始めます。

先ずはKEO社のサニー氏へ連絡し、ソジャットのヘナ畑の生育状況

をその筋を通じて情報収集し報告を待ちます。

 

それからサニー氏のお薦め日程と当方の日程を擦り合わせて

最終的な日程を決断します。

 

それから日程発表は一ヶ月後の8月上旬でした。

 

ヘナの旅・・・目的はヘナ畑から製品までを

知って頂くことです。

 

生産地で刈り取り体験することで

お客様へのカウンセリング時の目力となります。

 

インドはIT産業で有名ですが、それはほんの一部でしかありません。

まだまだ発展途上の国です。

 

ヘナ&インディゴ、ほとんどが機械を使わない手作業です。

先行投資の考えはなく、安い賃金で豊富な労働力、何事も人海戦術

 

機械化をしてしまえば???

日本人的感覚ではそのようになりますが

投資額が莫大で燃料費、整備費用、オペレーターと

そう簡単には実現できません。

 

CO2の増加、環境や土壌の汚染に繋がることも

考えられます。

 

労働者側からみても大切な働く場なのです。

雇用創出。

 

ということで数千年前から変わらぬスタイルなのです。

 

それからインドのモディ首相は親日家で知られていることを

特筆しておきます。

 

 

o0550041214062532202

 

デリーに到着した私たちは取り敢えずホテルのチェックインを

済ませ、現地在住の日本人の方とその友人との

楽しい食事会・・・素晴らしい出会いに感謝します。

 

翌日はホテルを7:00出発、デリー空港へ

インド国内線でデリーからジョードプル(ブルーシティー)へ

移動・・・ほとんど雨が降らないところから別名サンシティーとも呼ばれている。

 

o3464268714062526935

出発前に全員で記念撮影・・・

さて、ここはどこでしょう?

 

なんとお手洗いの前なのです。

男女区別はインドのイケメン男女の顔写真で

別れています。

 

今日はここまで・・・次回はジョードプルから

車で一時間半・・・ヘナの街ソジャットをお伝えします。

 

ご覧いただきましてありがとうございます。