PRO SHOP

ヘナとインディゴ、ミックスハーブの違い。

白髪率10~30%の事例

2017.08.30

ヘナとインディゴ、ミックスハーブの違い。

【ヘナとインディゴ、ミックスハーブの違い。

東京代々木の全理連ビルヘナ&ハーブカラー講習会レポートです。

 

o0800060014016116426
モデルさんは「ご自分でヘナ」をされているそうです。

一見したところ「ヘナではなさそうだ」そう思い話を伺うことにしました。

講習会でヘナ&ハーブカラーの定義という話をします。

・【ヘナ】ヘナには二種類ある

①機械選別のノーマルヘナ

②機械選別で残ってしまう不純物(枝その他)を手選別したHQヘナ

(HQ=High Quality=高品質の意)
インド北部の砂漠地帯で収穫されたミソハギ科の低木です。

 

・【インディゴ】 和名:なんばん藍 (南蛮藍)南インドの雨の多い地方で収穫される

マメ科の多年草です。     (ヘナではない)

・【ミックスハーブ】ヘナとインディゴのミックス (これをヘナとは呼ばない)

・【天然ハーブ二度染め】 ヘナを塗布し40~60分放置しプレーンリンス、

次にインディゴまたはミックスハーブを塗布し30分放置する

2ステップ(二度染め)

(これもヘナではない。ヘナ二度染めでもありません。)
ヘナ二度染めとはヘナ施術のみを二工程繰り返すことです。

美容師さんの中にはパウダー系すべてを一括りに「ヘナ」と表現している方が

多くいらっしゃいますが、お客様が混乱されます。

 

プロフェッショナルは正確な表現を心がけましょう。

この小さな事と思われる呼称ですが、この定義付けこそ

お客様に対して誤解を与えない対策でもあるのです。

植物のパウダー系をすべてヘナと思われている理美容師さん

及び一般の方が依然多くいらっしゃるのが現状です。

当然ながらジアミン配合や直接染料(化粧品染料)配合の

ハーブカラーをヘナとは表現できません。

 

繰り返しますがヘナは天然100%ヘナのみを指します。

 

今回は根元へは【鳶色】HQヘナ3:7インディゴのミックスハーブ

中間毛先へはHQヘナ

 

自然放置60分です。

 

o0561060014016116438

 

o0909047814016116434

 

o1075048314016116431

 

o1185056714016116436

 

三日後の空気酸化発色が楽しみですね・・・。

 

今日もご覧いただきましてありがとうございます。