PRO SHOP

ホームカラー脱染から鳶色

脱染後のヘナトリートメント

2017.07.22

ホームカラー脱染から鳶色

ホームカラー脱染から鳶色

 

東京世田谷区用賀の美容室.half(ドットハーフ)

のヘナ&ハーブカラー定期講習会レポートです。

 

今回は一般参加のモデルさんが2名来店され

内容の濃い講習会でした。

 

今回と次回に渡り、鳶色(HQヘナ3:7インディゴ)

をお伝えします。

 

ヘナとインディゴのミックスタイプはヘナとは呼びません。

ミックスハーブと呼びます。

 

ミックスですからヘナでもインディゴでもないから

正確な表現を心がけています。プロですから・・・

 

今回はミックスハーブ鳶色のみ単品使用

次回はHQヘナのち鳶色のハーブカラー2度染め

を予定しています。

 

モデルさんはホームカラーの繰り返しで中間毛先は

真っ黒・・・根元はこげ茶~茶色に染まっています。

 

ヘナを体験したいとモデルにご応募されましたが

このままの状態でヘナをしても二度染めをしないと

根元のみが明るいオレンジになってしまいます。

 

3週間に一度の白髪染めをされていますので

ハーブカラー二度染めではなく

ミックスハーブ単品でも良いと判断しました。

 

いずれにせよ暗く染まっている部分の脱染は必須であること

をカウンセリング時に説明しました。

 

カウンセリング時に大切なことは、これから先、数か月後

半年後、一年後、数年後のことを考慮することです。

 

コネクションは札幌の講習会を受講された北海道・北見の美容師さんの

同級生、友人の紹介ということでした。

o0463029213988271016

 

o0450032413988271080

 

既染部分へ重ねると再び暗くなってしまうことを

お伝えしました。

 

以下はハーブカラー二度染めの場合です。

白髪染めの間隔が1ヶ月以上空く方へは

二度染めをお薦めしています。

ただし、セルフカラーではムラ・暗くなってしまうので

サロンにて施術が原則です。

 

 

o2064050413988271165

2ndに鳶色はしっかり茶色、琥珀の場合は明るい茶色になります。

空気酸化による色の変化について

ヘナ教本P75をご覧下さい。

 

先ずは脱染から・・・

o0809056613988235066

 

o0800056613988257443

根元にミックスハーブ使用ということで加温はNGです。

 

既染部分へのHQヘナは脱染後のトリートメント目的です。

o0907030613988235049

 

o0402047413988235053

 

o0781041413988235060

 

o0647034013988235042

 

o0895035513988235035

今日も最後までご覧いただきましてありがとうございます。