PRO SHOP

ヘナ×3回目で断念の理由

白髪率10~30%の事例

2017.03.23

ヘナ×3回目で断念の理由
【ヘナ×3回目で断念の理由】
ヘナ講習会、臨店方式で4回目のサロンでした。講習を始める前に前回モデルをお願いした美容師さんが
「友達から髪が赤い」と複数の方から言われた。
と仰いました。はい分かりました。その件については講習会の中で
もう一度、カウンセリングをしますので
もう少し、お待ち下さい。と声を掛けました。

実はこのパターン、よくある話なのです。

o0550036613896853411
Before(ピンぼけですみません)

中間~毛先は以前のヘアカラー既染部で焦げ茶色です。
根元10cmほどがオレンジを帯びた赤茶になっています。

白髪率は平均30%程度、その殆どがコメカミ、フロントに
集中しています。

o0550036613896853400
根元部分は三回のHQヘナで白髪が綺麗に染まり
黒髪部分もキューティクルへの着色により
新生毛、既染毛の境は自然に繋がり、目立ちません。

このまま、1~2週間毎のヘナを繰り返すと
どのように変化するでしょうか?

私にはしっかりと未来予想図が頭に描かれています。

o0200020013896907037o0200020013896907140

理想論で語れば毎週ヘナで中間毛先のダメージ部分の回復を
優先し、その後、2週間毎のヘナ

根元が暗くなった時点で20:1CLをお薦めします。
明るくする20:1CLは年に3~4回程度で十分と考えます。

さて、それでは何故、3回目でGive upだったのでしょうか・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・

前回に続き、再度、白髪染めアンケートを記入していただきました。
o0500069713896898029
ヘナをする理由が
多いほど長続きします。

「天然100%ヘナ&ハーブカラーに向いている方」
ヘナ教本P13参照

o0900049413896851900

 

人から指摘された事がきっかけになるときもありますが

オレンジからレッド系が苦手だった。とお察ししました。

 

確かに根元のツヤ、感触は素晴らしく、中間毛先の状態も

ずいぶん回復していることは他のスタッフさんが

口にされるほどです。

 

そもそも講習会の際にHQヘナを5回体験しましょう。

という課題に挑戦して頂いたと思っています。

 

ご本人の希望は反映されませんでしたので

致し方のないことと理解しています。

 

これがお客様の場合だったら・・・

 

これも同じ事なのです。

 

一番は時間です。それから希望色ではなかった。

それから健康LOHAS度です。

 

上記レーダーチャートは右側展開になっています。

基本的にヘナ&ハーブカラーは左側展開になります。

 

そこでもう一つの提案をさせて頂きます。

 

20:1CLありきの発想で

 

o0200020013896925100

 

毎週であれば暗くならない「橙」

二週間毎であれば「橙」1:1「琥珀」

もしくは「琥珀」

 

基本的に根元新生部分のみの塗布です。

 

今回は根元10cmほどの赤みを抑えるために

琥珀を塗布し、20分自然放置しました。
o0550036613896853411
Before#1

o0550036613896853449
琥珀を塗布、20分自然放置

o0550036613896853455
After#2

o0550036613896853404
Before#2

o0550036613896853464
After#2

o0550036613896853472
After#3

今日もご覧頂きまして有り難うございます。