PRO SHOP

ヘナを気持ちよく

KEO社製手選別HQヘナ

2017.03.21

ヘナを気持ちよく

【ヘナを気持ちよく】

HQヘナをペースト状にするには、
HQヘナ+温湯(60℃)+ココナッツオイル
100g+250~280g+10g
をミキサーにて10分攪拌します。

o0260026013895422677

o0550036613895422981
左は10分攪拌後のHQヘナペースト
右は熟成45時間HQヘナ

比較した場合、熟成させた方が20%程度濃く染まります。
HQヘナ100gに対して加える温湯の幅は
Take outヘナ、お休みヘナの場合は250g
40~60分程度の放置時間であれば280g

280g加えた場合、長時間放置でコメカミ或いは耳の後ろ付近から
流れてくる可能性が高いのです。

それからヘナは植物ですからその収穫の時期や天候に左右されます。
染まり具合や粘性は毎回同じではなく微妙な違いを感じます。

昨年11月ソジャット産のヘナは粘性が高く、よく染まります。
(現在弊社にて出荷中のHQヘナは全て10~11月産です)

熟成は45時間が最も濃く染まり、その後は緩やかな下降曲線を描き
染まりが薄くなります。

熟成は45時間前後が最適です。

お客様に塗布する際に気持ち良い温度は45℃前後です。
個人差はありますがやや熱いと感じる程度が適温です。

ヘナ教本では43℃~45℃と解説しています。
45℃で熱いと仰る方がいらっしゃるのも事実です。

コダワリの熟成HQヘナですから是非、塗布する際の温度管理も
しっかり行いたいものです。

o0550041213895430692

o0550041213895430610
塗り始めは45℃でも塗り終わりは30℃前後と冷えるのが
意外に早く感じることがあります。

今後の講習会では保温アイテムをご紹介したいと思います。

今日も最後までご覧頂きまして有り難うございます。