PRO SHOP

ホームヘナ歴10年のお客様

20:1CL後、HQヘナ

2016.06.21

【ホームヘナ歴10年のお客様】
兵庫県西宮夙川サロン講習会レポートです。
モデルさんは10年間、ご自分でヘナの後、インディゴの
二度染めを繰り返していらっしゃいます。
o0550041213677776793
内部は手が届かないのでご覧の状態です。
サイドはインディゴの繰り返しで
根元のリタッチ塗布でないために
黒く染まっている状態です。
o0550041213677776733
既インディゴ毛は明るくなりません。
モデルさんにもそのことを理解していただき
脱染を試みますが明るくならない可能性が90%
とお伝えしています。
受講者にもインディゴは明るくなりにくいことを
理解していただくために
20:1CLで脱染を2回試みてみました。
o0550041213677776800
Afterです。
ほんの少しだけ明るくなりました。
o0550041213677776715
Before
o0550041213677776753
ブロッキングして20:1CLを先ずは
黒く染まっている部分へ塗布し
加温15分、これを二回繰り返しました。
o0550041213677776764
20:1CL×2回繰り返し後、
明るさチェックのために
部分的にドライしました。
ほんの少しだけ明かるくなったように
見えます。
この状態でヘナをすればもう少し明かるく
なると判断しました。
o0550041213677776776
再度、毛髪をウエット状態して
o0550041213677776673
HQヘナ塗布
o0550041213677776690
HQヘナ塗布後加温30分
プレーンリンス後
o0550041213677776701
白髪率の高い部分へ紫紺(HQヘナ1:4インディゴ)
白髪率の低い部分へは琥珀(HQヘナ2:3インディゴ)
自然放置30分
o0550041213677776725
After
o0550041213677776620
Before
o0550041213677776644
HQヘナ後
o0550041213677776653
紫紺と琥珀の塗り分け
o0550041213677776658
After
既インディゴ毛は明るくなりにくいこと
を改めて痛感しました。
モデルさんのご協力に感謝します。
今日もご覧頂きまして有り難うございます。