PRO SHOP

アワルトリートメントは液状化させ浸ける

トリートメント

2014.07.24

アワルトリートメントは液状化させ浸ける
アワルトリートメントは液状化させ浸ける

 

 

ヘナ及びアワルをペースト状にするための
攪拌方法によって染まりや感触に大きな差が
あることが分かってきました。

 

玉子に例えると、簡単に混ぜるかよく混ぜるか
それから泡立て器で混ぜるか、ミキサーで混ぜるか
その攪拌方法で大きな差がはっきり分かりますね。

 

水と油でも同じことがいえます。
水と油は混ざりにくいのですが
高速攪拌機を使用すると界面活性剤なしで
よく混ざります。

 

ヘナもアワルも同じことがいえるのです。

 

今回はアワルトリートメント(無色)
私は元来トリートメントとしての効果はヘナの方が優れていると思います。
しかし、オレンジ・・・或いは繰り返すと赤茶色になってしまいます。

 

そこで無色のアワルを使います。

 

ヘナやアワルのトリートメントは一回ではその良さは分かりにくい
と思います。そこで最低でも3回コース、理想は5回以上の繰り返しを
お薦めします。

 

真剣に毛髪ダメージを何とかしたいと思われるお客様に
とっては救世主となり得るのです。

 

ヘナおよびアワルの中途半端な一回目はギシギシとキシむ感じが
します。特にダメージ毛の部分は顕著に表れます。

 

一般的なトリートメント剤はオイルやコート剤など毛髪を
滑らかにする成分が配合されていますのでツルツルサラサラの
イメージをお客様はお持ちだということを念頭に
カウンセリングを行う必要があります。

 

天然100%素材のヘナ及びアワルは従来のトリートメント剤とは
異なり、繰り返すとその素晴らしさをご理解頂けると確信しています。

 

先ずは施術する側のアワルトリートメント体験が必須です。
ご自分でこの良さを体験すれば説得力、目力がつき
カウンセリング力120%となります。

 

今回のモデルさんへはアワル200g+ココナッツオイル60g(30%)
+アムラ10g+シカカイ10g+温湯(60℃)550gとしました。

 

結果的には少々量が不足気味でしたので次回はアワル50g追加
をお薦めしました。

 

ヘナ及びアワルトリートメントは毛髪に対して十分な量
付けるではなく「浸ける」或いは「漬ける」と表現しています。

 

量が少ないと感触が悪くなります。

 

22-01 22-02

先ずはミキサーで10分程度攪拌します。さらに振動を与えて液状化させます。
バイブレーター3分間使用しました。

 

以前は泡立て器で混ぜていましたが、全く違ったペーストへ変化します。
ザラザラ感はありません。滑ららかな、まるで溶かしたチョコレートのようです。

 

22-03 22-04

更に放置タイムの中間でバイブレータを使って振動を与え
毛髪に浸けたアワルペーストをさらに液状化させます。

 

Afterの感触も良好でした。

 

小型軽量のバイブレーターを探していますので
もう暫くお待ち下さい。

 

22-05 22-06
Before            After①

 

22-07 22-08
After②          After③

 

22-09 22-10
Before           After

 
ご覧頂きましてありがとうございます。