PRO SHOP

HQヘナ後、紫紺は2時間メニュー

白髪率60%以上の事例

2015.08.03

HQヘナ後、紫紺は2時間メニュー
HQヘナ45分→紫紺35分を確認せよ!#2

のモデルさんが7月23日茨城県石岡の
アロマカラー講習会に参加されました。

6月20日ヘナ&ハーブカラーのモデルさんで
前回はHQヘナ後、紫紺を施術させて頂きました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


HQヘナ45分→紫紺35分です。

HQヘナ100g+ココナッツオイル(10g)
+温湯(60℃)280g

上記をミキサーで10分攪拌させます。

03-02
左はミキサー10分後、右は温湯を加えたばかりのHQヘナ

空気(酸素)と良く混ざり合わせると濃く染めることが出来ます。
とても滑らかです。


03-03

Before


03-04
HQヘナ45分→プレーンリンス


03-05
紫紺(HQヘナ1:4インディゴ)は
オレンジの部分(新生毛)のみ塗布

35分自然放置


03-06
After

濃い緑色に染まっている=参加して濃い茶色に染まることを意味します。

2~3日後、空気酸化により色が変化します。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

03-07

およそ一ヶ月ほど経ったので
HQヘナ後、紫紺を二日前に施術されたそうです。
もう少し根元が濃くなりそうですね・・・。

HQヘナ45分→紫紺35分です。

03-08
Before


03-09
HQヘナ45分→プレーンリンス

 

03-10
紫紺はオレンジ色に染まった新生部のみへ塗布


03-11
フロント、サイドは白髪率は高めですが
ネープは極端に白髪が少ない・・・

そこでネープへは紫紺を塗布しませんでした。
紫紺=濃く染まる=暗くなる

03-12
After

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

03-13
施術後2日目

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ここでワンポイントアドバイス

2ステップ目の紫紺、鳶色などヘナ+インディゴは
オレンジを消すように塗布すること
既染部へ重ねると極端に暗く染まってしまいます。

・・・・・・・・・・・・

これが天然100%、化学物質ゼロの白髪染めです。
2度染めですから2時間掛りますが
髪、頭皮、環境に負担を掛けません。

お客様の選択肢としてメニュー化のお手伝いをしています。

今日もご覧頂きましてありがとうございます。