PRO SHOP

姫路-沖縄へナ苗、引っ越しプロジェクトその2

美らヘナ®/沖縄RQヘナ

2020.12.11

前回の続きです。
姫路の畑のヘナ木を沖縄へ運ぶことを決意した翌朝は5:00起床・・・
ところがうっかりまた寝をしてしまい、はっと気がついた頃には5:30を回っていました。
あっ、しまった!飛び起きて6:30オープンのホームセンターへ急ぎました。
それから姫路のMAPPさんから頂いたヘナ苗170本を取り敢えず福岡へ送る準備を始めました。
少し元気がないヘナ苗は、土を腐葉土に入れ替え水を与えて段ボールへ収めました。

 

 

ヘナ苗およそ170本、合計8箱のMAPP産ヘナ苗を福岡の自宅宛へ送りました。
ヤマト便は大阪ー福岡間はトラック輸送で翌日には到着するので安心です。
さあ、正午になりました。お握りを片手にいざ、姫路へ・・・
14時前に到着しました。
当日は土曜日、MAPPさんは営業中のため「一人でぼちぼちやりますから~お気遣い無く!」とは言ったものの・・・

 

改めて日中に畑を確認するとヘナ木は100本ほどありました。
ん~こりゃ大変だ。気合いを入れてスタート。

 

 

 

この日,いつもお忙しいMAPPさんなのですが、午後の予約が空いていてオーナーさんとスタッフさん達が次々に畑に来て、お手伝いして頂けたのです。
MAPPさんには、申し訳ないのですが、これはヘナの神様のお導きであることは
感じ取れました。ヘナやへナ畑に関して、ヘナの神様(私はそう固く信じています。)はいつも、最善の方向へと導いて下さるのです。
もう何度となく助けて頂いています。

 

 

 

最初は、なかなか根の掘り出しがうまくいかず、時間ばかりが経過して終わりが見えない状態でした。
時計は15時を回っている。日が明るい内に終わらないと・・・少し焦りもありました。

 

 

そうこうしている内に段々とコツが飲み込めて慣れてきました。

 

 

一つのヘナ木の根に対し畑の土を出来るだけ落とさずにビニール袋に入れて水を含ませ乾燥を防ぎます。
大きな木には長くて太い根があります。
土まで含めた重さが大きなもので5~7kgほどあります。畑の半分を回収したときに、これ全部、車に乗せられるだろうか?スペースには限りが有るし、重量が・・・

 

 

ヘナ木は全部でちょうど100本。用意したビニール袋100枚がぴったり100枚使い切りました。半分ほど積み込んだのですが、上の画像、これだけのスペースが不足しています。何とかしなければ・・・

 

 

後部座席の荷物を助手席に積み上げて、スペースを確保し、ラゲッジスペースには2段重ね・・・
何とかヘナ木100本が収まりました。
後部タイヤがぺったんこ。大丈夫かな?
と思いつつ、悪路を走るわけでもないので、まあ、いいか・・・なんくるないさ。
パトカーを気にしつつも、大阪へ向けて出発・・・

 

 

姫路のMAPPさん、今回は本当にありがとうございました。お世話になりました。
その後、何とか無事に大阪へ到着しました。
ヘナ木と土、重量にして400kg前後はあったと思います。
さあ、これを大阪からどうやって、沖縄へ運ぶか・・・
皆さんだったら、どのようにして沖縄へ運びますか?
この後、引っ越しプロジェクトは大詰めを迎えます。

 

つづく・・・