PRO SHOP

母の琉球ヘナvol.1

美らヘナ®/沖縄RQヘナ

2020.10.08

母の命日に佐賀県江北町にあります菩提寺へお墓参り、母が亡くなってから55年、私は幼く記憶にありません。
しかし、いつも見守られている感じがします。
有り難いことです。いつも感謝しています。

 

 

そんな母の墓石の右横に、特に特別な想いは無かったのですが、導かれるようにヘナの苗を5ポット置いてきました。

 

 

まだ、タネから二ヶ月程度の小さなヘナの苗を置き去りにしたら直ぐに枯れてしまう事は想像に難くなく、最低でも週に二回程度は雨が降らなければ・・・
それが2020.7.1のことです。

 

ここで余談ではありますが私の著書「ヘナ教本」の中に「ヘナはミソハギ科の低木」とありますがこれは、誤りだと考えるようになりました。

 

 

低木の定義が「3m以下の樹木」とありますが私はインドで3mを超えて成長を続けているヘナを確認しています。
上画像は2017年10月、8年ほど成長しているヘナの木です。
インドKEO社の垣根としてヘナが植えられています。

 

インドヘナの幹は大きい部分で10cmほどあります。

 

琉球ヘナ仲里一号は刈り取りをしない場合、どれだけ成長し続けるのだろうか?
ふと、そんな事を考えていました。

 

さて、母のヘナのことが気になってちょうど一ヶ月後の8月1日に再び墓参、母のヘナの苗はどうなっているのか・・・

 

それまでの一ヶ月間は沖縄に居ても佐賀の天気、降水量がとても気になっていました。
週に2度ほどは雨が降っているようでしたが・・・

 

自宅からお寺までは約一時間、移動の最中不安でいっぱいでした・・・。

 

この続きは、次回のブログで・・・

 

今日もご覧頂きましてありがとうございます。