PRO SHOP

ヘナでお客様に喜んで頂くためには・・・

カウンセリング

2018.06.29

【ヘナでお客様に喜んで頂くためには・・・】

東京ヘナ塾の最中、HQヘナを塗布してお帰り頂くサービス「お帰りヘナ」とヘナを塗ったまま睡眠「お休みヘナ」、自宅でヘナを行う「セルフヘナ」の話になった際に「お帰りヘナ」や特に「ホーム(セルフ)ヘナ」は「顧客が減って困る」ということを仰る方が2名ほどいらっしゃいました。

 

お二人ともベテラン美容師さんです。私はヘナ塾の冒頭に「従来のお客様のことは考えないで下さい。」「従来のヘアカラーと比べないで下さい。」と二つのお願いをします。これは毎回のことです。

 

このことはヘナ教本のP8にも書いています。何故ならヘナ&ハーブカラーはこれを必要としない方へ薦めても継続されないからです。言葉を換えると「求めていない人に提供しても喜んで貰えない。」ということです。「美容室の繁盛度はお客様の笑顔と比例する。」

 

故にお客様が笑顔で喜んで頂けることをサロンで継続していれば結果的に売り上げは向上します。

「売り上げは結果です。」「目標はお客様をとことん喜ばせること」にあります。

ややもすると「目標は売り上げup」になりがちですが、そうなると「割引、値引き」など

間違った方法に奔ってしまいます。

o0350045414219882289
お客様に喜んで頂く方法は、お客様一人一人で違います。
①ヘナを塗って帰る方が便利な方、そうでない方。
②サロンですべて完了させたい方、そうで無くても構わない方。
③美容師との会話を楽しみたい方、そうで無い方。
④コーヒーが好きな方、そうで無い方。
⑤根元の白髪がカラー後、一週間で気になる方、一ヶ月で気になる方。
⑥毎日シャンプーする方、そうで無い方。
⑦仕上げにブロードライを好まれる方、自然にドライのみを好まれる方。

カウンセラーであるべき美容師さんが自分の許容範囲、優しさ、技術の限界、感覚、経験、

都合のみでお客様に接すると、たくさんのお客様を喜ばすことなど出来ません。

 

美容師の周波数にお客様が合わせるのでは無く、お客様の周波数に合わせることで

お客様は笑顔になります。喜んで頂けるのです。

そのお客様の周波数はお一人お一人違います。

 

この原則を守れば必ず顧客数は増えます。

 

サロンの周辺には未だ出会いの無いたくさんの方々が生活されているのです。

限られた自サロンの顧客のみのことを考えないことです。

今、現在の美容師さんの人間性、技術力、カウンセリング、総合的なレベルに

見合った方々が現在の顧客です。

 

そして、その売り上げは笑顔数でもあり結果です。

 

美容師さん自身が自分磨きをされるとその分の笑顔が増えて、結果も向上する。

という方程式に間違いは無いと確信しています。

 

「お帰りヘナ」で喜ばれていらっしゃる方は沢山いらっしゃいます。

デキないサロンは「ヘナを塗って帰るなんて無理、やりたくない。」と平気で仰います。

でも普通です。普通をやり続けてもお客様は喜びません。大成しません。

 

デキるサロンは「どうすればヘナを塗布して帰って頂だけるだろう・・・

と知恵を振り絞ります。(ニット帽やハットを取り揃える。など・・・)」

 

クリエイティブに生きましょう。そして人生を楽しみましょう。

 

 

今日も長文をご覧頂きましてありがとうございます。