PRO SHOP

【保存版】天然100%ハーブカラー二度染めの選択理由

白髪率60%以上の事例

2017.12.22

【保存版】天然100%ハーブカラー二度染めの選択理由

【天然100%ハーブカラー二度染めの選択理由

 

岩手盛岡のサロン臨店講習会レポートです。

 

o0487047914095885052

モデルさんは天然100%ヘナ&ハーブカラーに

とても興味を示されていました。

 

白髪率はコメカミ付近で60%

 

o0426031414095885053

表面は35%程度です。

バックは10%未満と白髪率に大きな差があります。

 

 

o0400039814095885061

今回、天然100%ハーブカラー二度染めを行うことにしましたが

その大きな理由は「仕事柄」

 

o0600018114095885065

職業柄、赤系はNG、それから明るさの上限は6レベル

白髪率が50%を超えている段階で「HQヘナ単品」では対応できません。

 

それから白髪染め周期が一ヶ月毎以上と間が空いてしまう方へ

は二度染めをお薦めしています。

 

所要時間は染めるだけでも2時間は掛かりますが

究極の天然100%白髪染めです。

 

褪色も殆どありませんので従来の白髪染めと比べても

遜色ありません。

 

白髪染め周期も従来と同じでも構わないということになります。

 

ただし、この二度染めはプロならではのメニューです。

ホームカラーには向きません。

 

過去に何人ものセルフ二度染めの方を知っていますが

大きな色ムラがあり、綺麗な方は一人もいらっしゃいませんでした。

セルフは無理という認識です。

 

ということで※天然100%ハーブカラー二度染めは

 

①化学物質を避けたい方

②LOHASな方

③赤系がNG

④一度でしっかり白髪をカバーしたい方(高白髪率)

⑤白髪染めの間隔が一ヶ月以上の方

 

逆にこれらの項目が当てはまらない方へは不向きです。

「化学物質を避けたい、LOHAS、アレルギーの方」は

この方法が最適ですがこれらの意識が薄い方は

二度染めが長く続かないことがあります。

 

時間、費用などに勝る何か・・・その理由が必要です。

 

【※天然100%ハーブカラー二度染め】

私達はプロですから正確な表現をしなければなりません。

お客様に対して「天然100%ハーブカラー二度染め」を

「ヘナ二度染め」と表現してしまうと

1stのヘナも2ndのインディゴもヘナだと思われてしまう。

 

そのお客様が私はサロンでヘナをしていると友人に伝えられると

間違ったことを伝えることになります。

 

ヘナはあくまでヘナのみの施術であること

ヘナ二度染めも実際に存在します。

 

HQヘナを施術後、一旦流して、二回目のHQヘナ

これがヘナの二度染めです。

 

ヘナとインディゴは全くの別物であることをお客様にも

プロとして伝えることが大切であると考えます。

 

ヘナは木です。ミソハギ化の低木

インディゴは草です。マメ科の多年草

 

o0494048014095885070

2017年インド、ヘナ刈り取りの動画の後は

ずっとヘナ教本を読まれていました。

その関心の高さが伺えます。

 

o0583048014095885078

二度染めの2nd(セカンド)はオレンジの部分のみに塗布をします。

 

o0614048014095885082

2ndが既染部分へ重なると暗くなってしまいます。

バックの白髪率10%未満部分へは2ndの塗布はしません。

10%未満の部分はHQヘナのみで白髪をカバーすることが可能です。

 

 

o0558074514095885085

2ndはインディゴ比率が高いほど仕上がりが濃くなります。

暗くしたくない場合はインディゴ比を少なくします。

 

迷ったらインディゴ比が少ない方を先ずは選択しましょう。

 

明るい茶色は後日、濃く出来ますが、暗い茶色は明るく出来ません。

 

o0633043514095885088

 

o1019047914095885091

 

o0363048014095885163

既染部分がHQヘナで少し明るくなりました。

 

 

今日もご覧いただきありがとうございます。