PRO SHOP

保存版「6種の毛束実験結果」

ターメリック

2017.08.06

保存版「6種の毛束実験結果」

【保存版「6種の毛束実験結果」

 

7月に出版、実践ヘナマニュアル「ヘナ巧匠」こうしょう

に一部掲載されていますが、新たに毛束実験を行いましたので

お伝えしたいと思います。

 

o0972068013999327714

HQヘナは熟成45時間前後が最も濃く染まり、その後、緩やかな曲線を描き、染まりが薄くなります。

 

o1486153613999327613

ヘナは3時間放置が最も効果的と言われています。

420分7時間は「お休みヘナ」を表しています。

サロンワークでは45℃加温60分をお薦めしています。

この場合120分自然放置と同等の染まりになります。

 

o1340090913999327637

HQヘナ60分を8回繰り返し行いました。

7回目、8回目の差はほとんど見られませんでした。

今後10回以上の実験を行いたいと思います。

o0800069713999365487

 

上からHQヘナ40分→橙30分(HQヘナ3:1インディゴ)

HQヘナ40分→琥珀30分(HQヘナ2:3インディゴ)

HQヘナ40分→鳶色30分(HQヘナ3:7インディゴ)

HQヘナ40分→紫紺30分(HQヘナ1:4インディゴ)

HQヘナ40分→インディゴ30分

 

それぞれ空気酸化が完了しています。(施術後1週間撮影)

 

o3360239613999327706

ターメリック自然放置60分を8回繰り返し行いました。

5回目以降はほとんど変化は見られませんでした。

 

o1370092413999355845

HQヘナ1:1ターメリック自然放置60分を8回繰り返し行いました。

o1340090913999327637-1

 

HQヘナのみを繰り返すと色が濃くなり=暗くなるとのことから

ターメリックを50%加えてその変化を実験しました。

比較するために再度、HQヘナの繰り返しを添えます。

 

どうぞ、今後のサロンワークにご活用ください。

 

今日もご覧いただきましてありがとうございます。