PRO SHOP

【重要記事】黒染め脱染方法

脱染後のヘナトリートメント

2016.09.02

【重要記事】黒染め脱染方法
【重要記事】黒染め脱染方法

グッチ流、真っ黒脱染方法
http://ameblo.jp/gucchi21/entry-12010097046.html
グッチ式脱染法
http://ameblo.jp/gucchi21/entry-12001211392.html

代々木の全理連会館ヘナ&ハーブカラー講習会
レポート
モデルさんは他社のヘナ(内容は不確か)を繰り返されています。
一つにまとめられていた髪をバッサリ切ることを提案
取りあえずイメージチェンジをお薦めしました。
課題は「黒染めを明るく脱染」
今回は私がお薦めしている出来るだけダメージを抑えた
脱染方法です。
o0314044513738686021
先ずはこちらをご覧下さい。
C,D,Eは「明るくならない」とあります。
その中のインディゴを使用されている可能性が高い
ので明るく脱染出来るかどうかはやってみなければ分かりません。
①時間に制限がある場合は断る
②土日の予約は断る
③期待させないカウンセリングを心がける

 

④毛髪ダメージ抑制を優先すること

⑤新生部分をしっかり把握すること

(新生毛(根元)は明るくなりやすい)

 

以上をご注意下さい。
それでは手順について解説します。
o0800056613738686008
①先ずは20:1CLを毛先へ塗布し加温10~15分(45℃)
毛先が明るくなるかどうかをチェックする。
全く明るくならない場合はこの時に「諦める」
少しでも明るくなれば、続いて②部分へ塗布し
加温10~15分
(45℃の加温は自然放置に比べ時短二分の一)
明るくなっていたら③プレーンリンス
この時に中間毛先にコンディショナー使用可
しっかりタオルドライ、或いはドライし
根元を塗布する。
この時に新生部分へは塗布しない。
新生部分へ20:1CLが付けば
根元のみが明かるくなり過ぎます。
新生部分見極めが重要です。
新生部分は最後の流し直前、5分で塗布します。
この施術はとにかく付きっきりで明るさをチェック
する必要があります。
忙しいに日、慌ててやっても上手くいかないでしょう。
平日にタップリ時間をとって施術していただく
特殊メニューとご理解下さい。
o0550041213738685908
Before
o0550041213738685934
毛先より20:1CL塗布
o0550041213738685948
脱染後のHQヘナ
o0550041213738685995
After
o0550041213738685919
Before
o0550041213738685975
After
私の監督不行き届きで根元(新生部分)が明るくなってしまいました。
今後の講習会でフォローさせていただきたいと思います。
インディゴの繰り返しは明るくなりにくい。
根元の新生毛は明るくなりやすい
その差はとても大きいのです。
今日も最後までご覧頂きまして有り難うございます。