PRO SHOP

初めてのヘナ後インディゴ

白髪率80%以上の事例

2015.06.05

初めてのヘナ後インディゴ
【初めてのヘナ後インディゴ】

 

ヘナ、インディゴを用いたハーブカラーは
従来のヘアカラーとは全く違った新しいメニューです。

ヘナ&ハーブカラーはヘアカラーの代用ではありませんし
代役は務まらないのです。

従来のヘアカラーはファストカラー、身体に良くない
環境にも良くない成分を含んでいます。

一方、※私が伝えるヘナ&ハーブカラーは
スローカラー、時間は掛りますが
薬用植物のみを用いる天然100%を
私が保証しています。

毎日、使っても害は全くありません。
使えば使うほど髪と頭皮によいのです。

「化学物質に頼らない白髪染め」という
選択肢があります。

※ ヘナ&ハーブカラーとは、一般的な
総称であり。すべてにおいて天然100%の保証はありません。
現にジアミン(酸化染毛料)を含むカラー剤に中には
ハーブは一切使用していないにも関わらず
ハーブカラーと呼称されています。

理美容師の中にも知識が乏しく
内容の確認もないまま施術されていることがあります。
ご注意下さい。

・・・・・・・・・・・・・・・

長野県塩尻のサロン講習会レポートです。

モデルさんはサロンオーナーさんの叔母様です。

先ずは簡単白髪染めアンケートから

16-01
この中で、「明るさよりも白髪をしっかり染めたい。」
にチェックが入っている場合は

今回のHQヘナのち、インディゴを施術することをお薦めしています。


16-02
レーダーチャートでも左側展開のヘナ&ハーブカラーに
ピッタリの診断結果が出ました。

頭皮た毛髪のダメージを克服したい
改善したいお気持ちと

健康LOHAS度の高さが決め手です。

16-03
Before

16-04
HQヘナ45分

16-05
紫紺(HQヘナ1:4インディゴ)35分

16-06
After

2~3日後、空気酸化により栗色に変化します。


16-0716-08
Before                    HQヘナ手塗り
16-09 16-10
HQヘナ45分                     紫紺塗布

16-11 16-12
ホットタオルで覆い、ビニールキャップをします。
紫紺35分放置

16-13
After

16-14
Before

16-15
HQヘナ45分後
16-16
紫紺を塗布(白髪の多い部分から)

16-17
紫紺は根元のオレンジの部分のみ塗布
既染部へ重ねると暗くなります。

16-18
After

3日後が楽しみですね・・・。

16-19

今日もご覧頂きましてありがとうございます。