PRO SHOP

白髪率80%琥珀→鳶色

白髪率80%以上の事例

2013.05.09

白髪率80%琥珀→鳶色
【白髪率80%琥珀→鳶色】
28-01  28-02
Before                         After
モデルさんは三ヶ月ほど前のカラーリングが少し残っています。
【既染部は明るい茶色】ですので少し落ち着いた色にするために
全体に琥珀を塗布→【根元=明るい茶色】、【既染部=茶色】
その後、根元に鳶色(茶色)を塗布して根元の白髪をしっかりカバーする方法です。
根元(新生部分)以外に塗布してしまうとカラーリングのアンダーカラー+
琥珀+鳶色と重なってしまい暗く入ってしまいますので注意して下さい。
ヘナは全体に塗布しても暗くなりませんが、インディゴが配合されている
ミックスハーブは必要箇所のみの塗布を行って下さい。
28-03  28-04
28-05
ヘナ後→インディゴ(紫紺)=濃い茶色
紫紺=黒褐色
鳶色=茶色
琥珀=明るい茶色
橙=とても明るい茶色
と考えると良いでしょう。
28-06  28-07

28-08  28-09

Before                  琥珀塗布
28-10  28-11
琥珀プレーンリンス後              鳶色後 After
28-12
Before
28-13  28-14
琥珀プレーンリンス後              鳶色後 After

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

28-15  28-16
Before                    琥珀塗布

 

 
28-17  28-18
HOTタオルでくるみその後シャワーキャップで乾燥を防ぐ

 

 

 

 

この時、ラップは使いません。
ラップを使用した場合、顔周りから流れやすく、違和感があります。
28-19
              鳶色後 After今日もご覧頂きましてありがとうございます。