PRO SHOP

セルフヘナのオレンジをインディゴ美修正

白髪率60%以上の事例

2015.06.06

セルフヘナのオレンジをインディゴ美修正
【セルフヘナのオレンジをインディゴ美修正】

 

大阪ヘナ講習会レポートです。

モデルさんはいつもご自宅でヘナをされていらっしゃいます。

頻度は月一ヘナだそうです。白髪率が高いため
オレンジ味が強く、少々派手な印象を受けました。
ご本人ももう少し落ち着いた感じにしたいと
仰っていましたので、ヘナとインディゴのミックスを
用い、二度染めをさせて頂きました。

根元はHQヘナ45分→紫紺(HQヘナ1:4インディゴ)30分

ヘナでオレンジになっている部分へは
琥珀(HQヘナ2:3インディゴ)を塗布しました。

HQヘナ40~60放置、時間が長いと濃く染まります。
それに加え
紫紺は濃茶色、鳶色は茶色、琥珀は明るい茶色
に染まります。

15-01

インドKEO社製手選別HQヘナ

15-02

琥珀

15-03

鳶色

15-04

紫紺

こちらのモデルさんは先述の通り、月一(1時間放置)
では明るいオレンジですが2週間毎に3時間放置で
HQヘナを行うことで濃い落ち着いたカッパーに
なります。
15-05
Before

15-06
HQヘナ45分

15-07
After (根元へ紫紺、中間毛先へ琥珀、30分)

大阪nob hairのnobさんのご協力で3日後の
画像を送って頂きました。

15-08
3日後です。

nobさんのコメントです。
「 モデルさん来られました。いい感じに深く色がはいってます
写真でみるより肉眼での方が自然にみえます。」

nobさんありがとうございます。
施術プロセス
15-09
HQヘナ100gに対しココナッツオイル10g
温湯(60℃)280g

今回はHQヘナ400g分作成しています。

ミキサーで10分間攪拌

15-10
ミキサーを使用することでヘナペーストは滑らかになり
染まりも濃くなります。

15-1115-12
Before          プレーンリンス

15-1315-14
HQヘナ手塗り後、45分放置

15-1515-16
ヘナ終了・・・紫紺準備

15-1715-18
根元へ紫根塗布、琥珀準備

15-19
根元の紫紺に続いて琥珀を中間毛先へ塗布

15-2015-21
塗布後30分放置、※シャンプー

シャンプーはお客様の希望をお伺いします。
プレーンリンスの場合もあります。

私、自身のヘナの場合はシャンプーをしません。

15-22
エクセルでオゾンドライ、酸化促進

15-23
Before

15-24
After

今日も最後までご覧頂きましてありがとうございます。