PRO SHOP

ヘナは千差万別

白髪率40~50%の事例

2015.06.10

ヘナは千差万別
【ヘナは千差万別】

 

モデルさんは美容師さん、久し振りの再会です。

出会ってからヘナ続けていらっしゃいます。

現在の方法は、HQヘナを2週間毎、3時間以上放置
フロント回りは白髪率が高いため、赤味を消すために
インディゴをミックスされていらっしゃいます。

流石、ヘナ&ハーブカラーを良く理解されています。

ヘナとは=ヘナ葉のみを使って染めることを指します。

インディゴ=インディゴ葉のみを使って染めることを意味します。

ハーブカラー(ハーブミックス)はヘナとインディゴのミックスを表現しています。

私はヘナ伝道師です。正確な表現を心掛けています。

インディゴはヘナではありませんが、度々そのような
表現をされているのを目、耳にします。
お客様に混乱させてしまいますので注意したいですね。

今回はHQヘナを全体に塗布、講習会では3時間放置が
不可能なため1時間放置→プレーンリンス
琥珀(HQヘナ2:3インディゴ)で赤味を抑えます。
(顔回りの白髪率が高い部分のみ)

→30分放置

その前に、貝印 ミキサーをご購入の皆さんへ
アドバイス

マウントの底、回転する台へオイルを注して下さい。
回転がスムーズになります。

14-01

回転皿の周辺と

14-02

裏のココへ

14-03

今回はHQヘナ500gを溶きました。

HQヘナ100g+ココナッツオイル10g+温湯(60℃)280g×5

10分間ミキサー攪拌

14-04
Before

14-05
HQヘナ60分後

14-06
After

・・・・・・・・・・・・・・・・

14-07
Before

14-08
HQヘナたっぷり手塗り

 

14-09
HQヘナ終了


14-10
琥珀(HQヘナ2:3インディゴ)
琥珀50g+温湯150g


14-11
白髪率の高い部分のみへ塗布


14-12
After

 

14-13
After

 

14-1414-15

今日もご覧頂きましてありがとうございます。