PRO SHOP

自宅でヘナを積極的に伝える

白髪率40~50%の事例

2014.05.15

自宅でヘナを積極的に伝える
【自宅でヘナを積極的に伝える】

 

 

私自身、年間35回から45回のハーブカラー(ヘナとインディゴのミックス)
を行っていますので、カウンセリング時の説得力には自信があります。

この場合の「説得とは」説き伏せるのでは無く
解説し納得して頂けるアドバイスを意味しています。

しかしながら・・・ヘナに興味はあるものの、全く初めてのヘナの場合
全てを正直にお話しし、同意を得る必要があります。

サロン用のタペストリーを単に掲げることは簡単ですが

 


24-01

 

このタペストリーには責任も同時に掲げているのです。その効果により、初めてご来店いただくお客様
に対してのカウンセリング、アドバイス、インフォームドコンセント力
が乏しければお客様は残念に思われるかもしれません。

 


24-02 24-03
こちらのモデルさんの場合は白髪率が高いため、
「明るくしたい」は叶えられると判断しています。

 

 

時間は放置2時間程度でもOK

毛髪と頭皮のダメージを避けたい

LOHAS的なカラーリングを望まれています。

いずれも10Levelにチェックが入っています。

口頭で「白髪は1週間でも気になっています」

この一言で「自宅でもヘナ」をお薦めすることにしました。

全体に・・・ではありません。
彼女の場合は、分け目、生え際で十分満足を
得られることも分かりました。

自宅で出来るようにアドバイスさせて頂きました。

「全てはお客様の為に・・・」が基本ですから
お客様の都合に合わせるのです。

1週間毎に行っても暗くならない琥珀
(HQヘナ2:3インディゴのミックス)
をお薦めしました。

インディゴ配合ですから「酸化発色」
3日後に茶色に変化します。を伝え承諾を得ています。

 

 

24-04 24-05
Before                  After

 


24-06 24-07
Before           根元新生部のみの塗布

 

 

インディゴが配合されているハーブミックスの場合は
既染部へ重ね塗りすると暗くなりますのでご注意下さい。

 

24-08
After

 

三日後が楽しみですね・・・


ご覧頂きましてありがとうございます。